何を目指す?理想のまつげエクステサロンを開業するには

あなたに当てはまるスタイルをクリック!

  • なるべく早く黒字経営にしたい
  • 地域で一番のマツエクサロンにしたい
  • ライバル店に勝てる強みが欲しい
  • 施術者としての経験がない
  • 施術者としての経験がない
  • サロンオーナー未経験者である
  • 副業としてしっかりと収入を得たい
  • 経営をプロにサポートしてほしい
  • 自分のセンスに自信がある
  • 個性あふれるサロンにしたい
  • 1から自分でプロデュースしたい
  • コツコツとステップアップしたい
  • 自らお客様にサービスを提供したい
  • マイペースで自分らしく経営したい
  • 施術者としてずっと現役でいたい
  • 顧客は自分の力で集めたい

オーナーになろう!いま、マツエクサロンを
経営すべき理由は?

美しく大きく、印象的な目元を演出してくれる施術として、女性からの高い人気を誇っている、まつげエクステ。とは言え国内に導入され始めてから15年程度と、歴史はまだ浅いので、特に地方部では、専門サロンの数が少なくなっています。優秀な技術者の雇用と、より良いサービスを実現することで、大きなビジネスチャンスも期待できる業種と言えますよ。開業するなら、今がチャンス!その理由を詳しくまとめていきましょう。

CHECK!知っておきたい!マツエクサロン開業までのノウハウ

マツエクサロンを開業しよう!そう決心したら、本格的な準備に入ります。やらなければならないことは、山積み。自分一人で進めていくのはかなり大変ですが、ひとつ一つを確実にクリアしていかなければなりません。法律に則った営業のために必要な資格、届け出とは?最低限必要となってくれる初期費用とは?そして根気を要する物件やスタッフ獲得とは…。そのすべてについて詳細を調べているので、要チェックです。

CHECK!フランチャイズという選択肢

まつげエクステは若い女性を中心に、利用者数が増えている美容施術です。このため、専門サロンの数も急増中。技術を持っていても、経営ノウハウがないと競合に負け、営業を続けられなくなります。

フランチャイズにはロイヤリティが発生しますが、本部からの経営サポートも受けられます。初めての開業でも、何かと安心。軌道に乗れば、複数店舗を経営することも可能です。10年後を考え、加盟を検討するのも有効な選択肢のひとつです。

CHECK!

アイリスト必見

まつげエクステの基礎用語辞典

知っておかないと恥ずかしい!まつげエクステの施術中はもちろん、サロン経営者も最低限押さえておくべき基礎用語とは?紹介していくので、是非すべてを覚えておきましょう。

まつげエクステの基礎用語辞典はこちら

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新の情報などは、各社にお問い合わせ、または公式ホームページをご確認ください。