ネイルサロンのFC

ネイルサロンのフランチャイズに加盟すると、どのぐらいの金額がかかるのでしょうか。
以下に一例を見てみましょう。

A社のネイルサロンフランチャイズ開業資金内訳

  • 加盟金…200万円
  • 保証金…100万円
  • スタート資材…125万円
  • 雑費…4万円
合計…約330万円 ※物件取得費や内装工事費は別途必要

一見すると安く見えますが、物件取得費やその工事費が計上されていませんので、最終的には500万~1000万円程度(立地により大きな変動がある)が必要ということになります。500万円程度用意できれば、借り入れが可能な会社も多いでしょう。

ネイルサロンのフランチャイズは、契約期間が3年程度から用意されています。またロイヤリティは企業によりさまざまです(A社の場合は5.5%)。

個人経営はどうか

ネイルは、美容施術の中でもかなり一般的になっています。特に20~30代の女性の間では人気です。とは言え、同年代の全員が利用するというわけではありません。仕事柄、華美なネイルは自粛せざるを得ない、という女性も多いからです。

その反面、こだわる人は徹底的なこだわりを見せているのも、この施術の特徴。単なるネイルケアではなく「ネイルアート」の域に達した装飾を楽しみます。そのため、ゴージャスでユニークな仕上がりを実現できる技術やセンスを持っている人は、個人経営でも固定客を獲得できる可能性があります。マンションの一室や自宅で開業するというのも、ひとつの手かもしれません。

ネイルサロンを個人経営する上でのメリットとデメリットをまとめました。

ネイルサロンの個人経営のメリット

  • 初期費用を低く抑えられる
  • ロイヤリティがないので、必要以上のプレッシャーに悩まされず、マイペースで経営できる。
  • 自分の独自技術や、サービス、ブランドカラーなどを打ち出しやすい。
  • 大型店よりも親身なサービスを提供できるため、顧客を掴みやすい。

ネイルサロンの個人経営のデメリット

  • 経営ノウハウやスタッフ不足、効果的な販促が打てないなどの課題に直面し、FC店舗に負けてしまう。
  • 美容施術にはトレンドがあるため、オリジナリティがあり過ぎても、時代の移り変わりとともに顧客離れが起きて、経営が立ち行かなくなる。

いずれも個人店ならではの、悩みですね。とは言え、下手をすると大きな問題に発展し、廃業にもつながることは肝に銘じておく必要があります。

FCの場合はサポート本部が存在しているため、上記のような問題への対処も助けてくれます。10年先の状況を先読みしながら、慎重に検討を重ねてみてください。