サロン経営における課題は?

マツエクがクレームに発展する場合

美しく大きく、印象的な目元を演出してくれる施術として、女性から大きな注目を集めている、まつげエクステ。とは言えまだ歴史の浅い施術なので、いくつかの問題を抱えているのも事実です。以下にマツエクのクレーム代表例を紹介していきましょう。

施術後に目のかゆみや、腫れ、充血などが見られ、病院に行く羽目になった!

まつげエクステで最も問題視されているのは、美容師資格を持たない人間による施術
これは2008年に、厚生労働省による各自治体への通知で、正式に禁止されました。

現在は専門サロンを開業する場合、都道府県知事への届け出や、美容師資格の保持者による施術が義務付けられています。しかし中には、無許可の営業を行っている店舗や、無資格ながら個人で施術を行う人間も存在しているようです。

このような施術者は、まつげエクステに関する正しい知識が不足しています。

施術中に「あの、グルーが垂れて瞼が痛いんですけど…」と訴えても「もう少しで終わるから、我慢してネ」などと諭し、そのまま作業を続けてしまいます。その結果、ユーザーには目のかゆみや充血、瞼の腫れなどの症状が表れ、病院へ通う羽目になります。

いまのところ失明などの大事故が起きた事例はありませんが、「目」という、人間にとって最も重要な器官のひとつを預ける施術ということを、双方が自覚する必要があります。

まつげエクステンションによる危害防止の徹底について

こうした事態を受け、国民生活センターは2010年に「まつげエクステンションによる危害」の報告を公的に行い、業者や消費者への注意喚起を促しました。

また警察庁によると「まつ毛エクステンションに係る美容師法違反での検挙事件数」は増加中、とのこと。

下手なことをすると、刑事事件に発展してしまいますから、気を引き締める必要があります。まつげエクステでのビジネスを考える際は、きちんとルールを遵守する姿勢を持ちましょう。

また資格や届け出はクリアしていても、スタッフがひとつひとつの施術を丁寧に行えない「ブラック店舗」にならないよう、注意して。

予約が取れない!

まつげエクステは新しい美容施術のため、熟練した技術者が不足しています。
また美容師は離職率が高いため、やっとの思いで腕の良いスタッフを確保できても、今度は「予約が取れない!」というクレームが殺到してしまうことも…。

経営者としては頭の痛い問題ですが、ひとつひとつに、丁寧に対処していくことが口コミ評判の向上につながります。

複数の優秀な技術者確保を目指すのはもちろんですが、いわゆる「モンスター」に対応するため、「法律の専門家」と関係を築いておくことも、重要です。