HOME » 何を目指す? 理想のまつげエクステサロンを開業するには

何を目指す? 理想のまつげエクステサロンを開業するには

女性イラスト

地まつげに1本ずつエクステンションを接着することで、パッチリとした目元を実現する「マツエク」。
芸能人やモデルの女性はもちろん、彼女たちに憧れた20~30代の女性から大きな支持を集めています。

日本国内に導入されてきたのは2000年前後と言われていますが、この10年で施術を提供するサロン、そして利用者の数は急増中。

その市場は右肩上がりを続けており、1500億円規模とも言われています。特に地方は、まだまだ需要に供給が追い付いていないのが現状なので、サロンを開業するなら、いまが狙い目なのです。

このカテゴリでは、まつげエクステサロンの上手な開業法を、オーナーの目的別にまとめています。以下のコンテンツを用意しましたので、要注目。

予約いっぱいの繁盛サロンにしたい

オープン前後は開業資金がかさむもの…。個人で開業するサロンは、資金回収までに時間がかかるため、早期の黒字化を望むあなたはブランド力の高いフランチャイズへの加盟がおすすめ!

立地や知名度、集客力の期待できるメニューが豊富なフランチャイズをピックアップしました。

自分らしさをサロンで表現したい

個性やセンスを生かしたサロンにしたいなら、規定のあるフランチャイズよりも個人で開業するのが吉。

そのメリットやデメリットについて紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

施術者として独立開業したい

オーナー自ら施術者としてお客様と接したいなら、働いていた店舗と商圏を変えて独立するのが筋。

自宅サロンか店舗経営か、個人起業かフランチャイズ加盟か…。メリットとデメリットを理解した上で選択しましょう。

あくまで副業!安定収入を得たい

経験がなくても、美容師免許がなくても、オーナーにはなれる!?

優秀なスタッフを派遣してくれる、売上管理や労務管理を本部がサポートしてくれるフランチャイズがあるんです。サロンオーナー未経験者は必見。

ライン画像

ぜひ各ページに目を通してくださいね!