HOME » 何を目指す? 理想のまつげエクステサロンを開業するには » 自分らしさをサロンで表現したい

自分らしさをサロンで表現したい

マツエクサロンにはさまざまな経営形態があります。その代表例を見ていきましょう。

  1. 個人経営のサロン
  2. 個人が施術と経営を兼ねている小さなサロン(マンションの一室など)
  3. 大手資本のフランチャイズ店舗

また上記以外に、たくさんある施術の中のひとつとして、まつげエクステを行うクリニックやサロンもあります。

個人経営のメリット

まつげエクステは、まだ歴史の浅い美容施術のため、専門サロンとしてオープンした店舗の多くは、個人経営でした。

この経営形態の良いところは、自由度の高さ。店舗の内装やイメージなどを、独自のカラーで統一できますので、オーナーらしさを存分に発揮できます。FCのようにロイヤリティを取られる心配もないので、必要以上のプレッシャーを感じることもないでしょう。

特に地方の場合は、エリア内で大きな成功を収め、2店目、3店目を開業しているオーナーもいます。

個人経営のデメリット

とは言え、個人経営にはデメリットもつきまといます。その代表例を見てみましょう。

  • アイリストは離職率が高いため、常に人材不足に悩まされる。
  • 美容施術につきものの、トラブルやクレーム対応に悩まされる。

また近年、個人オーナーにとって最も大きな脅威となっているのが、大型資本を背後に持つFC店舗の進出です。

FC店舗は、本部から経営ノウハウを伝授されているので、宣伝広告やキャンペーン展開が巧み。また優秀な人材派遣や、クレーム処理のサポートも受けています。さらにブランドイメージも高く、美容の最新トレンドもいち早く施術に反映する機動力を持っています。

マツエク市場全体が右肩上がりなこともあり、今後数年の間に、地方都市へもどんどん有名サロンのFC店舗が出店してくるでしょう。こうなると、顧客の多くを奪われてしまう可能性があります。

フランチャイズのマツエクサロンをチェックする

いかがでしょうか?個人経営サロンが、FC店舗に負けない機動力を備えるためには、かなりの覚悟と戦略が必要になってきます。上記のメリットにばかりこだわっていると、廃業に追い込まれる可能性もあるのです。

デメリットへの対策をきちんと講じ、時代に取り残されないよう、頭をフル回転させなければなりません。

特に店舗の立地は重要。もし現在の経営に余裕があるのであれば、強力な競合が登場する前に駅近物件を押さえ、エリア内での勢力を確かなものしてください。