HOME » 何を目指す? 理想のまつげエクステサロンを開業するには » 予約いっぱいの繁盛サロンにしたい

予約いっぱいの繁盛サロンにしたい

マツエクサロンの経営は、オーナーの目指す方向性によって変わってきます。

アイリストとして経験を積み、独立開業。「マイペースでコツコツと、自分らしい経営を…」と願う個人オーナーもいるでしょう。このような場合、スタッフの人材不足や新規顧客獲得に苦労するため、黒字経営までには長い道のりをたどらなければなりません。

そして最も恐ろしいのは、エリア内に大型資本を背景に持つ、強力な競合が現れることです。

まつげエクステの市場は、現在右肩上がりに上昇中なので、フランチャイズを展開する企業/サロンも急増中。技術(の教育体制)だけでなく、洗練された経営ノウハウを併せ持つ彼らを向こうに回し、順調な経営を続けるのは至難の業です。マツエクは美容施術ですので、ユーザーは高いブランドイメージ、美しい内装を誇るサロンを選んでしまうのです。

ですから個人であれ、法人であれ、
まずは高い実績を持つサロンのFC加盟を、検討してみてはいかがでしょうか?

法人の場合は技術や業界経験がなくても、本部の手厚いサポートを受けられるので、安心。経営が順調なら、複数店舗の経営も目指せます。

また個人の場合でも、経営や人材教育のノウハウが学べるので、決して無駄な経験にはなりません。5年程度の契約期間を設けているFCが多いので、終了後に改めて独立開業を検討することも可能。その時はきっと、契約前よりもしたたかな経営戦略が身についているはずですよ。

注目のフランチャイズ情報

会員数10万人以上!国内最大級のマツエクサロン「Blanc」

Blanc店舗画像1Blanc店舗画像2
画像引用元:Blanc公式ホームページ(http://www.blanc-group.co.jp/fc/、http://www.blanc-group.co.jp/bussiness/)

Blancのここがオススメ!

  • 出店店舗実績は、日本全国に約100店舗、中国・香港・タイ・シンガポールなどアジア諸国に約20店舗を展開と、業界最大級
  • スタッフの教育研修はもちろん、開業準備や人材確保も手厚くサポート。経営が軌道に乗れば、現場は本部に任せきりでの運営も可能
  • 高いブランド力で、大型ショッピングモールなど商業一等地への出店も可能
  • 速乾性で施術時間を短縮するグルーや、付け心地の軽いエクステなど、利用者の声を反映したオリジナル商品の開発にも熱心

Blancの公式ホームページでFC情報をチェック

高いリピーター率を誇るサロン「セレビアイ」

セレビアイ店舗画像
画像引用元:セレビアイ公式ホームページ(http://www.thu-three.com/店舗案内/恵比寿店/)

セレビアイのここがオススメ!

  • 都内を中心とした首都圏に10店以上、北海道に5店を展開。
  • 加盟金が低価格で、保証金もなしと初期投資を節約可能
  • 技術研修システムを確立しており、オープニングスタッフ1名まで、無料提供。運営やマネジメント、そして経営理念に関する研修も無料。
  • 開店後も、店長会を定期的に開催し、ノウハウ共有に努める体制を完備。

セレビアイの公式ホームページでFC情報をチェック