HOME » 何を目指す? 理想のまつげエクステサロンを開業するには » あくまで副業!安定収入を得たい

あくまで副業!安定収入を得たい

サラリーマンで一定の資産を持っている人は、運用でさらに増やす方法を模索しているもの。株式やマンションなどの不動産投資は、その代表例と言えます。そんな資産運用の選択肢の一つに「マツエクサロンのFC加盟」があることを、ご存知ですか?

まつげエクステサロンが資産運用にオススメできる理由

  • 比較的歴史の浅い美容施術。若年層からの需要に対し、特に地方部では、まだ供給が追い付いていない。
  • 客単価5000円~で、メンテナンスのため月に1度通う必要がある(女性の美容院利用頻度より高く、リピーターを獲得しやすい施術)。
  • 他の美容業種に比べ、設備投資を低く抑えられる(シャンプー台や厨房機器が不要)。また、原材料費も安価。
  • コンビニなどのFCに比べ、加盟金や初期費用が安い。不動産取得費/内装工事費を含めても、1000万円前後でスタート可能。

まつげエクステはここ10年の間に一般的になってきた美容施術ですが、近年の利用者数は右肩上がり。特に20代女性の間では絶大な人気を誇っており「市場規模は1500億円以上」とも言われています。

初期費用を1000万円程度用意できれば、かなり良い立地条件への出店も可能。上記の理由からも、早期の黒字経営が可能な業種であり、美容業界関係者でなくても、充分に注目の価値があります。実際、多くの法人(美容業界以外)がFC加盟に乗り出しており、黒字経営に成功。複数店舗のオーナーになっている、というデータもあるのです。

副業の場合は加盟先選びを慎重に

とは言え、美容業界以外の世界に身を置いている人にとって、「まつげエクステ」は若干縁遠いものに感じられるかもしれません。また法人ではなく個人の場合「経営ノウハウに疎くて、サロン経営なんて、とても…」、と感じる人も多いでしょう。

FCオーナーを募集しているマツエクサロンの種類はさまざまですから、加盟先を選ぶ際、条件をよく確認する必要があります。

  • 業界/施術経験者以外のオーナーを積極的に募集しているか。
  • 企業力が高く、経営ノウハウや人材確保/教育システムを確立しているか。
  • 出店実績が豊富で、ブランド力は高いか。
  • 物件選定や内外装工事の監修を任せられるか。

上記のようなサポート内容を実現できるサロンは、すでに固まったブランドイメージを持ち、均一化されたサービスを提供できる地盤を持っています。これは却って業界関係者以外におすすめ。下手に美容業界での経験があると、どうしてもオリジナリティにこだわってしまうからです。しかし消費者が求めているのは、知名度が高く、信用できるサロンでの施術です。

サポートや体制が整備されているサロンなら、運営は本部任せでもOK。週1日~月1日程度関わるだけでも、営業は軌道に乗っていきます。これならサイドビジネスとしても、充分に成り立たせられますよね。

大切な資産を、PC上の操作だけでなく、店舗という活きたかたちで運用したい方は、ぜひマツエクFCに注目してください。

注目のフランチャイズ情報

本部に経営を任せきりでもOK!サポート体制抜群の「Blanc」

Blanc店舗画像1Blanc店舗画像2
画像引用元:Blanc公式ホームページ(http://www.blanc-group.co.jp/fc/、http://www.blanc-group.co.jp/bussiness/)

Blancのここがオススメ!

  • 出店店舗実績は、日本全国に約100店舗、中国・香港・タイ・シンガポールなどアジア諸国に約20店舗を展開と、業界最大級
  • スタッフの教育研修はもちろん、開業準備や人材確保も手厚くサポート。経営が軌道に乗れば、現場は本部に任せきりでの運営も可能
  • 高いブランド力で、大型ショッピングモールなど商業一等地への出店も可能
  • 速乾性で施術時間を短縮するグルーや、付け心地の軽いエクステなど、利用者の声を反映したオリジナル商品の開発にも熱心

Blancの公式ホームページでFC情報をチェック

スタッフ育成に一段と長けている「美輝コーポレーション」

美輝コーポレーション店舗画像1美輝コーポレーション店舗画像2
画像引用元:美輝コーポレーション公式ホームページ(http://miki-eyelash.com/salon/)

美輝コーポレーションのここがオススメ!

  • 首都圏内に25店以上を展開する実績有。
  • 複数の開業プランがあるので、予算に合わせ初期投資を節約可能
  • 専任スタッフによる無料技術指導体制を整えているので、人材を確保しやすい。
  • マネジメント業務、社員育成技術養成、接客マナー教育などの人材教育全般をサポート

美輝コーポレーションの公式ホームページでFC情報をチェック